はげたくないなら早めに対策を!

はげたくない!と思っている方は多いと思います。
私もそうです!
そして、はげてきたら!「いやはげてない」と現実逃避している自分がいましたね。

 

ここではげたくないと思っている方は今どうった状態でしょうか。

 

全く普通の状態で問題ないのか
抜け毛が増えてきてちょっと変化がでてくるかもという状態なのか
ちょっと薄くなってきている状態なのか
はげてしまっているのか

 

こういったそれぞれの状態で違うと思います。

■全く普通の状態

全く問題ないのであればそのままの生活でも良いとは思いますが、おそらく父親や祖父がはげていて不安という方が多いのではないでしょうか。
それなら生活習慣を正しくすることです。
そして、シャンプーだけは頭皮に優しいものに変えると良いのではないでしょうか。

 

ここで変化がない状態でいろいろやるよりも変化が出てきた時を見逃さないことが大事です。
例えば
抜け毛が増えてきたとか
髪質が細くなって弱くなってきたとか
抜け毛の先っぽが尖っているとか
毛根が細く弱っているとか
こういったところが初期の兆候と考えると良いのではないでしょうか。

 

そうしたときにしっかり対策を取れれば見た目は特に変化がないと思いますので食い止めるという行動なのでそれほど難しいことではないのではないでしょうか。

 

まずは正しい生活習慣を行って髪の変化を見ておくことですね。

■抜け毛が増えてきてちょっと変化がでてくるかもという状態

この段階にきているなら放っておいたら薄毛⇒はげという流れになっていきますし、早い人はほんとに早いです。
ですからすぐに対処することが大事ですね。

 

まずは抜け毛が増えてきているのが季節の変わり目など一時的なものなら良いのですがずっと多いのであればこのまま薄くなっていきます。
ここで抜け毛は正常な人で一日50本から100本抜けます。
意外に多く抜けます。
ですからあなたがどれくらいなのか把握すると良いと思います。
あと大事なのはどういった髪の毛が抜けているのかです。
上でも書きましたが、抜け毛の先っぽが尖っているのか、毛根が長細く弱っているのかなどが判断になります。
尖っているということは成長しきる前に抜けている可能性があるので抜ける周期が早くなっている兆候にあります。
ただ、短髪の人はその判断はできないので毛根を見て判断することになると思います。

 

この状態になったら育毛剤などでまずは食い止めるという行動をとります。
そして、生活習慣を正して体質を改善していきます。
当然育毛剤を継続して使いながら行います。
ですが、抜け毛の原因が男性ホルモンの場合薬を利用することも考えると良いと思います。
ただ、まだ変化がそれほどないのでサプリメントなどで補うというのも一つです。

■ちょっと薄くなってきている状態

この状態になってしまうと待ったなしです!
もう完全はげまであと少しです。
生活習慣を正すのはもちろんですが、シャンプーを変えたり育毛剤を使ったりします。というかしていると思います。
ですがそれでもなかなか改善されないということであればやはり薬の処方です。
AGAクリニックで薬を処方してもらいます。
はげる大きな原因の一つに男性ホルモンが関係しています。
ジヒドロテストステロン(DHA)が多いと薄毛に関係しているのでこれを作り出すのを防ぐために薬を飲みます。
聞いたことがあるとは思いますが有名なのがプロペシアなどですね。

 

私としては自分でいろいろ悪あがきするより病院などで薬を処方してもらったり治療してもらうほうがよっぽど良いと思っています。
まあ確かに料金的にかかりますが、薬を処方してもらうだけなら月数千円でそれほど負担にはならないと思います。

 

それはちょっとということであれば生活習慣をただし、シャンプーや育毛剤にこだわり、サプリメントを摂取して万全の対策を取ると良いと思います。

■はげてしまっている

はげたくないという方が当サイトを見ていると思いますからはげてしまっている方はあまり見ていないかもしれませんが、おそらくこういった方は今までいろいろ試したけどなかなかうまくいかないという方だと思います。

 

やはりAGAクリニックで治療してもらうのが良いと思いますけどね。
薬の処方以外にもいろいろな治療方法があるのでそういったものを利用しながら治療していくのが良いのではないでしょうか。
私も体験で行きましたが、時間がかかるものでもありませんし、簡単です。
薬だけなら料金的にそれほど高くないですが、いろいろなオプションをつけると高くなってしまいますが、はげたくないということならやってみるのも良いのではないでしょうか。
発毛実感率も結構高いのであとは懐具合との相談になると思います。

はげたくないならはげの原因から知ろう

はげている人に多く関係しているのが男性ホルモンです。
男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼ(還元酵素)と反応してジヒドロテストステロンに変換されます。
この物質はヒゲを濃くさせたり太くさせる機能があるんです。
しかし、髪の毛に限っては、細胞が増えるのを抑えたり毛を細くし短くする機能があるんです。
男性ホルモンの量は遺伝も大きな原因です。
親がはげているのでしたら自分もはげになる可能性は高いです。
ちょっとでも進行を抑えるなら、様々なはげの原因を知る必要があります。

 

まず髪の毛の滋養は血液をから送られていきます。
ですので血流が良くないと髪に滋養がわかりにくいということなんです。
その結果、抜け毛が増えることに繋がったりします。
これが続くと毛が生えてこなくなることもあるんです。
血流見直しを意識する必要があるんです。
必然滋養欠乏も抜け毛や薄毛に関係する可能性があります
ですのでしっかり滋養を摂取するようにしましょう。

 

日常ほかには不規定な生活もはげの原因になります。
ですから日常暮らしの乱れを見直しすることも必要になってきます。
頭が蒸れている段階でも頭皮が不潔になり髪によくありません。
あとは強いストレスを受けると髪の毛が抜けてしまうという現象もあるんです。
ですからストレス解消も大切なことです。
いろいろ当てはまる方は手遅れになる間に何らかの対策がおすすめです。

 

絶対はげたくないという方へ対処法

このようにはげる原因はいろいろありますがそれを知っておけば対策を打つことができます。
はげたくないということはまだはげていないか、少しはげてきているという状況の方が多いと思います。
はげてきたら早いのでその前に対策を打ちましょう。
はげたくないというレベルであればシャンプーを変えるとか食生活や生活習慣の改善を心がけると良いのではないでしょうか。
育毛剤を使うには早いかもしれませんがちょっと薄くなってきたとか絶対はげたくない人は使ってみても良いのではないでしょうか。

 

生え際が薄い

更新履歴